<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

目からうろこ!?うろたえ~

今日はカットにやっと来ました~~!
先日のエステに続いて☆なかなか実行しない事のベスト10内の事です。

この間に読んだ本☆神渡良平さんの西郷隆盛人間学~~~道をひらく言葉

すごーい〓

「道というものは天地自然の道であるから、学問を講ずる道は…敬天愛人…を目的として、身を修めるには己に克つことだと思いなさい〓自分に克つことの究極の到達点は『論語』の言うように「わがままを言わない。無理押しをしない。自分の考えに固執しない。我を通さない。」である。………中略


天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心をもって人を愛するなり」
………素晴らしき時間となりました。

さらに一冊……
これは読み直したかったから

テンポ116は月のテンポ…120は太陽のテンポ……。

なるほど…いつも私のなかのラデッキー行進曲は♪ちょうど、まさに、バッチリ…まさかの116☆♪

心地よさは月からの贈りものだったんですね☆
[PR]

by u-on358 | 2009-05-25 11:06 | ピアノ教室 | Comments(0)

「夜中は梅雨」

沖縄は、晴れていました。

夜中の雨音は、大雨の音。

なんだか・・・心地よかったです。


レッスンを受けてくださった方々に・・良い時間をいただきました。

とっても、素晴らしい輝きをどの子の中にも・・・感じ

我が家に通ってくれる子たちもそうですが・・・人間ってすごい。



S家でおいしいものをいただき・・・帰りに沖縄の友人・・・Kさんにサンドイッチとシークワーサージュースをご馳走になり・・・お土産にジーミーのケーキを頂き・・・生徒さんに黒糖をいただき・・・・ほくほくした気持ちです。


こんなしあわせをいつもいつもありがとう。

空港でパパに迎えてもらい・・・帰りに若久のT家によってご夫妻とおいしいお茶を飲み

・・・帰りにびっくりの・・・5年ぶりの知人に会い・・・・・。

最後は・・・驚きの一日と・・・なりました。

今日も、感謝一杯です。 ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   。
[PR]

by u-on358 | 2009-05-24 22:39 | マイライフ | Comments(0)

可能性

「可能性・・・。」

6月・・8割が初めて参加のピアノのコンペがあります。

「予選通過」・・・この可能性は、どうかって・・・わかりません。

で・・・いい言葉がありました。

「可能性より決意」・・・・何よりです。・・・みなさ~ん・・・け・つ・い・・ですよ~。

午後一便で沖縄に行ってきます。

このごろ・・あっという間に日々過ぎ去り・・・来週の予定がわかってなかったり・・・。

「沖縄」は梅雨らしい。

久しぶりで暑さの中・・・からだがどう反応するんでしょう?


昨日子育てのページにヒントがあったので・・・貼り付けます。

うっかりする日々も・・・子どもにとっては大事・・・。そう思って読んでね。






☆子育てセラピー【頭をよくする】より

子どもの頭をよくするために・・・





今日は、子どもの頭をよくする方法をお伝えします。

子どもの頭をよくするには、子どもの頭を鍛えればいいのです。
つまり、子どもが、自分の頭を使って、いろいろと考える場をつくってあげればいいのです。



そんな当たり前のこと・・・

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際には、私たち大人が子どもたちが考える場面を奪っていることは珍しくありません。





子どもたちが、自分で考える機会というのは、
指示・命令が多ければ多いほど少なくなります。


「宿題しなさい!!」

「明日の準備をしなさい!!!」

「早くご飯食べてしまいなさい!!!!」

「お風呂に入りなさい!!!」


私たちが、ひとつ指示をするたびに、
子どもたちは自分自身で考えて行動する機会をひとつ失います。



もちろん、全く指示が必要ないわけではありません。

まだ、判断の基準ができあがっていない子どもが生活していく上で、
私たち大人が指示しながら、こういう場合はこんな風に考えて行動するという
判断基準を教えてあげることは、とても重要なことです。



ただ、意識しておかなければならないのは、
私たちが指示をしてうまくいった状態では、子どもの頭の中には、

「お父さん、お母さんの言われたとおりにやっていれば大丈夫」という体験しか残らないということです。



宿題をやらずに行って先生に怒られる

学校の準備をしないまま寝てしまって忘れ物をする

夜、寝るのが遅くなって寝坊する



そんな風に自分自身で痛い目を見て学んだこととは、
子どもの印象の残り方や、記憶の強さは全く違ってきます。



宿題をするのも決断

やらないのも決断



どちらが良いとか悪いとかではなくて、
自分で決めたから、あとのことは責任を持つ!!!

そういう体験とは、学びの深さが違うのです。



判断が正しかったかどうかは、結果を見てみなければわかりません。
だからこそ、自分で決めて、自分で決めた先を生きてみて欲しいと思います。

そして、そうすることで、



自分自身の運命を、自分の力で切り開く。



そんな感覚をつかみ取ってくれればいいなと思います。





日常生活の中の小さな決断。

どんな決断だったら子どもに任せても、
温かい目で見守ってあげられろうですか?


子どもが決断できそうな場面は、どんなときですか?





◆◆あとがき◆◆


社会に出て働くようになってから、
決断を迫られる場面は格段に増えるように感じています。

そして、その多くの場面で、
どちらが正しいかは簡単にはわからないようになっています。


決断した後でさえ、
どちらがよかったのかはなかなかわかりません。


だとするならば、
決断するのに必要なのは、どんな結果になっても受け入れる覚悟だけ。

小さい頃から、自分で決めたことの結果に対して責任を持つ。

そんな練習を重ねておくことで、
大人になってから、チャンスを逃さない決断ができるようになるといいですね。





・・・ということです。・・幸・・
[PR]

by u-on358 | 2009-05-23 11:20 | マイライフ | Comments(0)

久々の日曜日・・・お買い物

レッスンが終わって夕食までの間・・・ささやかな買い物タイム・・・・。

今日は、長ーく古きにわたる友???貴美さんのお誕生日。

そのプレゼントと神隠しにあったという(実際はなくしたと言う)結のアイポット・・・。

そして・・・食材。

日常の買い物タイムの時間が取れたことに感謝。

e0011102_22265891.jpg


日々の生活の大事を感じます。


これは、ある日の子育てセラピーの一文です。

・・・・・欽ちゃんを唸らせた、十五歳のキムタクのひと言とは・・・?・・・


欽ちゃんとキムタクがあるテレビ番組で共演した時です。

欽ちゃんが、キムタクの好きなものを聞きました。

すると、十五歳の木村拓哉はこう答えたそうです。

十五歳のアイドルが、こう答えたんです。


「お母さんのつくった『おいなりさん』」



それを聞いた欽ちゃんは、
キムタクのスター性を見抜いて、
「大スターがいた、ここに」って大騒ぎしたそうです。



「お母さんの作った『おいなりさん』」

その答えを聞いて、なぜ、キムタクが大スターだと言ったのか。





欽ちゃんはこう言っています。

これぐらいの少年に「好きなもの」を聞いたら、
普通は食べ物とか、あるいはタレントの子なら、
もしかすると「踊り」って言うかもしれない。

そこへ「お母さん」って出てきたのはドキッってするでしょ。

しかも、そこに「おいなりさん」をさらに一個乗っけたっていうのが並みじゃない。

お母さんが一生懸命おいなりさん作ってる姿を、子どもにきちっと見せてきたんだろうね。
単においなりさんじゃなくて、「お母さんの作った」って限定しているのは。

それから、まだそれほど外に出ていない子どもが、
家の中できちんと好きなものを見つけている、そのこともまた、とてつもないことだと思う。




「お母さんのつくった『おいなりさん』」

キムタクの咄嗟の答えが、
作られたものでなく、本気で、心から出てきたものだったから、
欽ちゃんも思わず唸って、「大スターがいた」ってなったのでしょう。

心から出てきた答えが人の心を打つ。

きっとその人が日常をどんな風に見ているか、
何気ない毎日の中で、どれだけ感動しているかがベースにあるのだと思います。


仮装大賞などで、多くの子どもとも接してきた欽ちゃん。


質問に対して、

「わかんない」

と答える子が増えてきていると感じているようです。



「わかんない」

そういう答えが出てくるのは、
日頃から考えることをしていないから。


自分は何が好きか。

どんな色が好きなのか。

どんな時嬉しいのか。

将来は、どんな人になりたいのか。


そんな質問の答えを自分で見つけることが、
きっと、自分で自分のことをわかっていくことにつながるはず。


子どもの自我を育てるためにも、
そんな対話、質問ができる時間も大切にできたらいいですね。

    ・・・ということでした。

いつも自分である為に・・・休日の「自分であるこのひと時」  を、私も大事に過ごしました。HAPPY*^o^*
[PR]

by u-on358 | 2009-05-17 21:27 | マイライフ | Comments(0)

添田町素晴らしいオークホール

田川のステップに行って来ました。子ども達が8名・・応援団の付き添い・・・私とママ・パパ合わせて総勢15名で出かけました。

午前11時から集まり・・・2時前に出発・・・。
2台の車で1時間半かけて・・・着きました。

時々訪れる添田町にはスタンウェイのフルコンが2台もあります。
素晴らしいホールです。

町の財産です。

我がホームタウン・・・福岡市南区高宮にも・・・できるといいなぁぁっといつもいつも思います。

   ☆彡文化を楽しむには場所は宝です。☆彡

8名の演奏は、ピティナコンペの予行練習・・・。

楽しめた子・・・ぎりぎりセーフでひやひや立った子・・・いろいろだったと思うけどそれぞれに良い経験・・・

感謝です。

こうしたらいいああしたらいい・・・も、見えて・・・良かったです。

みんなで途中の飯塚でお食事・・・。
駐車場で子ども達が流れ星を見たと大はしゃぎ・・・

夜も更けてきたというのに・・・元気一杯で・・・嬉しい一日でした。

ありがとうがいっぱいです。

思いがけず・・千葉の鈴木直美先生のピアノも聴けてHAPPY☆控え室でおしゃべりできてHAPPY☆彡

ついてます。
e0011102_21164126.jpg
e0011102_21174770.jpg
e0011102_21185836.jpg


 
[PR]

by u-on358 | 2009-05-16 23:03 | ピアノ教室 | Comments(0)

*^o^*バスティンパーティシリーズ2009シリーズin福岡

2009年のシリーズが始まりました。
2/14に前回のベーシックスシリーズが終わって・・・・あっという間の3ヶ月が経ちました。

こうして・・・シリーズを毎年していると・・・あっという間ということにも気付かずにいますが3ヶ月の空きがあると月日の流れに気付きます。

この流れの中で・・何かあったかなと思う・・・。

お蔭様で・・・・うれしいお顔に囲まれ藤原先生の講座をまた楽しむことができました。

70名で開始いたしました。

皆さんの中にまた新しいレッスンへの気迫がますますと生まれますように・・・。

皆さん・・・・ご参加ありがとうございます。

とっても・・・うれしいシリーズの始まりになりました。


アレレ・・・・・敷き物???
e0011102_226980.jpg


   なーんだ・・・蘭ちゃん
e0011102_22713.jpg

  はーーい。蘭ちゃんでーす。
e0011102_2264066.jpg

[PR]

by u-on358 | 2009-05-15 20:00 | マイライフ | Comments(0)

やっぱり 経験・・・。

昨日と一昨日・・・お出かけして刺激を受けたお蔭で・・・ちょっと先に進む気分がします。

何かあると・・そこで 小さいながらも学びがあるものですね。

来週ステップにコンペに出る生徒さんたちが参加します。

2年間母の病気で休んでいたので・・・ひさびさの課題曲アプローチ。

2年あいた成果・・・ちょっぴりコンペに対するものがゆるやか・・・・のんきそのもの。

昨日15名あまりの生徒さんと日本の有名な先生の組み合わせでデモンストレーションレッスンで

アプローチのいろいろを見たので・・・

・・・・・そうだぁぁぁ私も取り組みを・・・しつこく。

   ・・・・・・などなどと・・・ちょっと思ったりして・・・・。

とはいえ・・・・子どもたちの素敵なありのままを崩しては・・???なので・・・基礎の確認に・・・。



一昨日の東音のお二人とバスティンの催しのオーディションの話の中で・・・・

その子が弾いていることに意識を向けるでなく・・・・その子の弾いた曲に意識をその子と共に向ける・・・そんな機会って大切だよねっっっっって語り合ったこと。
とってもとっても・・・大切なことだって思う。

頑張りや配慮・・・そんな真摯な姿勢を見て・・感動し賞賛させていただきます。

8/30ヤマハeサロン バスティンYOUチューブオーディション
一週間後9/5さざんぴあ博多でバスティンコンサート。☆貯まった方・・・・表彰あるよ・・・。

神様からのプレゼントは (経験)。


綺麗・・・素敵・・たのしいを経験だね。
[PR]

by u-on358 | 2009-05-11 22:38 | マイライフ | Comments(0)

指導を学ぶ・・・。

昨日朝一便で上京しました。



羽田に着いて・・なんと京急で乗り換えつつ・・川崎大師に行きました。

ちょっと・・暑い日差しの中、てくてくと歩きました。

20年ぶりのその地は、全く記憶になく・・・・おおきなおおきな・・・お香がかすかに記憶を呼び戻してくれました。
e0011102_228122.jpg



JR川崎の近くの日航。今日は、私の自宅の近くにお住まいの牛島先生とのお勉強。

まずは、その付近でおいしい和食をいただいて。

夕方のお約束。東音のMさん・Yさんと、心通ったお話。

心の栄養・・・そして甘いものでお腹とお口の栄養。


そしてそして・・・さらに・・・夜は、高知から羽田に着いたばかりの・・・川染先生が、感激にも

・・お食事にさそって下さって・・・・幼稚な私の話に付き合って下さって・・・

秋の計画を組みました。

10/25博多南でステップアドバイザーとトークコンサート。
10/26は、ヤマハeサロンで講座。
もしかしたら・・・24も・・何か楽しいことができるかな?

深い話・・・ヨーロッパクラッシックのかおり・・・・・

ありがたさでいっぱいです。

先生が連れて行ってくださった・・川崎の東側の一角は・・・・西海岸のモールのようでした。

おいしいお料理ありがとうございました。

忙しく、お疲れの中、私たちと時間を共にしてくださってー本当に恐縮でした・・・が・・楽しかったです。


夜はすぐに更け朝はすぐにやって来ました>


今日は昭和音大のゆりホールでピティナのセミナー。

15分から20分単位で、日頃お名前を聞くお名前の良く知る先生方20人・・・レッスンデモンストレーション。


短い間に・・・必要なメッセージを・・・。

必要なメッセージを伝えることが・・レッスンなんだなぁぁぁぁぁぁって深く思いました。

富山の平井先生・・・・思いがけず沖縄の古きよき知人に会ったり・・。

他、出愛に感謝。
e0011102_2265781.jpg

[PR]

by u-on358 | 2009-05-10 23:40 | バスティン・ピティナ | Comments(0)

和馬・・・目覚める

人は・・・・どこでスィッチが入るかわからないものですね。

お掃除マンに突然なって・・・・今日はゴミが11袋・・・。

ごめんなさーーーい。と・・・出しすぎのごみに恥ずかしさを感じつつも・・・

こぎれいな和馬の部屋に安堵???

このまま・・・掃除のスペシャリストになりそう・・・。


いいことだぁぁぁぁ・・・と、思いつつも、ここまでハマる和馬は、いつもながらすごい。


明日・・・久々の神奈川・・・。

横浜は、結婚の時に移り住んで・・ゆっくり・・訪れるのは・・・10年はなる。

記憶は、すぐに遠くに・・・。

いったいどこで何しよう・・・・なんて一瞬思う。



今日バスティン研究会が我が家であった。

12人でわいわい・・・。

とっても、良い時間で・・・・感謝感謝・・・・。


一年間のいろいろがでそろって・・・・。

みんなで考えるって楽しい。

ささやかに導入法の教材にハマり・・・毎日・・・・ああだこうだ・・・しつつやっていますが
夢中になるってやっぱりいいね。

ひすいさんの以前のメルマガに・・・バッハのことがあったので紹介します。


ドイツの巨匠、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ。


一族郎党みな音楽家、という家系に生まれたバッハは、
作曲の才能もさることながら、
オルガン弾きとしても卓越した存在でした。

あまりに弾けるので
オルガンが新しく作られた際には、新しい楽器の鑑定も頼まれていたほど。


そんな超一流オルガニストのバッハが、
生涯でただ一回、


「どうしても、この人のオルガンが聴きたい!」
と切望したことがあるのです。



時は1705年10月。

当時、ドイツのアルンシュタットという街で、
教会オルガニストとして働いていた20歳のバッハには、
憧れの人がいました。

それは、アルンシュタットから約400キロ離れたドイツ北部の街、
リューベックでオルガニストをしていた、ディートリヒ・ブクステフーデです。



ディートリヒ・ブクステフーデ



バッハの憧れるディートリヒ・ブクステフーデが勤めていた聖マリア教会には、
名器として知られたオルガンが設置されており、
こちらも、オルガニストたちにとって憧れの的でした。


とはいえ、遠方のリューベックまでなかなか行けるものではありません。

400キロも離れてるんです。


400キロ離れてても

でも聴きたい……
でも聴きたい……
でも聴きたい……
でも聴きたい……







バッハは一大決心をし、
アルンシュタットの教会に4週間の休暇願いを出し、
リューベックへと向かうのです!


徒歩で。



バッハは約400キロの道のりを、てくてく歩いて、
リューベックまで行ったんです!
交通網の発達していない時代ですから。

作曲家に関するこういう話は、たいてい逸話が多いのですが、
バッハのこの話は本当で、
彼は徒歩でアルンシュタットからリューベックまで歩いていったのです。

ディートリヒ・ブクステフーデの演奏に感激したバッハは、
教会と約束した「4週間」の休暇を、
無断で「4ヶ月」にしてしまい、1705年10月から1706年2月まで、
ディートリヒ・ブクステフーデの演奏を聴きまくったのです!


……その間、アルンシュタットの教会はどうなっていたのか、他人事ながら心配してしまいます。


そして、アルンシュタットに帰ってきたバッハですが
3ヶ月の無断欠勤によって、教会からさんざん怒られます。


しかし
しかし
リューベックでの「聴きまくり」の影響が生きてくるのです!
当時としてはかなり斬新な演奏をバッハはここから始めるのです。


……が、斬新すぎて
さんざん非難されたそうです(笑)



しかし、
しかし、
その後、
65年の生涯で、約1100曲の作品を生み、
バッハは伝説になります。



400キロの道のりはバッハにとっては大したことではなかったんです。

人が本気になるってそういうことですよね。

「どうしても聴きたいんじゃ!」
バッハはその一心だったんです。



「今日の汗、明日輝く」
という言葉がありますが、


「今日の本気、とわに輝く!」



バッハを見ていて思ったことです。




ひすいこたろうさんの文です・・・。


昨日・・・ある方のお話とシンクロしますが・・・

女の人は・・・危ない冒険しない・・・賢いんだそうです。

男の人は・・・それがロマン・・・。

覚めた目でみると「何やってんの???」ですね。

と、覚めていたりもするけど・・・わたしね・・結構ロマンにはまるかも・・・。

結構「ばかなこと」やってる気がする。
[PR]

by u-on358 | 2009-05-08 23:22 | マイライフ | Comments(0)

びっくり効果あり・・・。

5/1・・・エステに行きました。

ジョジアンロールジャポン

初めてだったので恐々???予定をきっちり詰めて・・・工事中の道路で到着時間掛りつつ
なんとか・・・受けれそうな時間の所有状態。


3時間ちょっと・・・。

岩盤浴のサウナ・・・お肌に栄養のミスト。

マッサージ・・・・。

睡眠不足の私は・・ほぼ睡眠中。


体の老廃物を出すのに・・・精一杯らしく・・・疲労状態。

翌日の午前までこの状態は引きずり・・・眠気の嵐。

4/29、いくつかのレッスンと午後正観さんの講座スタッフに入り。
4/30はレッスンしてから午後鳥栖講演会・・・帰ったら翌日・・日付変更線越えて1時だった。
いろいろあったし・・・眠気はすごーーい。

5/2夕方レッスンが落ち着き
生徒さんの桃ちゃんを送りついでにくれいん舎へ。

真理ちゃん夫婦と・・大阪のFujiさんと我が家とで富士の苑^^/・・・・・。

またまた・・・長風呂で汗かきかき・・・なんか・・・良い感じ???


エステ通いにハマろうかと思案中・・・・・。
[PR]

by u-on358 | 2009-05-03 22:03 | マイライフ | Comments(0)