人気ブログランキング |

お祈り・・・お力お貸しください


 ピアニスト花崎望ちゃんの赤ちゃんです。

e0011102_950611.jpg

虫好きのパパ大ちゃんと授かった・・・初めての赤ちゃん「翠」(みどリ)君です・・・。

8/10は生まれ10/1に子ども病院に入院しました。

大変な心臓疾患やそのほかで循環器が上手く働かず・・・今日9時から2時までかかる手術しています。

どうぞ・・お祈りのお力お貸しください。
「ありがとうビーム」・・・よろしくお願い致します。

      ↓  ママのブログです・・・・。

10/1
生徒さんに囲まれてピアノを弾きながら
ゆるゆると好きな事だけをして
幸せに暮らしている毎日です。

そんな中、2009年8月10日に出産しました。
産まれたその日に愛おしい息子・翠くんは
ダウン症・ファロー四徴症・多指症
そして難聴の疑いを宣告されました。

ダウン症は、常染色体異常のなかで最も多い疾患で
1000人に1人の割合で産まれます。
翠くんは本来、二本の21番目の染色体が三本あります。
一枚多い葉が、幸せの象徴の四葉のクローバーのように
一本多い染色体をもって産まれた翠くんは
千分の一のスペシャルラッキーな幸福の天使だと思います。



10/4
一昨日の夜中
翠君の呼吸が一時停止しました
先生や看護婦さんの迅速な処置で、今はまた普通通り
びっくりしました

そして
翠君の容態は思った以上に悪いようです

どうも
心臓に穴どころか
四つのお部屋の壁がなく
肺動脈も狭窄どころか、見当たらないようで
先生のお話では、肺動脈がつぶれているか
はじめから作られていない可能性を指摘されました

10/15
私は今、毎日が幸せです

唐突に

うまく言えないのですが

確かに、今の現状は一般的にみると
決して幸福ではない
苦しい、不憫なものだと思います

そうして、実際に涙もたくさん出る事が多い毎日です

身体的にも疲れてくると
ただでさえ小さい心の器は、あふれてしまい
余裕のない事も多く
今の私には、好意からくるものでも、
そうでないものから来るものでも
大きな声や、強い波動をうけとめること
速いスピードでの対応は、今は少々困難です

一言で言えば、メモリ不足の状態で
少々アナログな脳みそになっている気持ちです

だから
ちょっとゆっくり待って
ペースをあわせて下さるものとしか
今は繋がれないのです

でも
そんな状況の中
ある日、ふいに私の心の中に幸福感が
降ってきました

実は、出産したその日に、翠君の障がいがわかり
出産に関わってくださった助産師さんが
私に質問されました

ダウン症といわれ、その他の身体的な障がいも持って
生まれて来たと聞いて、どう思いました?
ショックはうけていませんか?と

何故か口を開いて出てきた言葉は

これで私の周りにある物事すべての本質が
真実の
本当の本物、がわかると思います

と、不思議と私は答えていたのです

今、私は毎日
本当の、本物の
たくさんの人からの愛情に包まれ
好意に包まれて暮らしています

あまりにも
私とはあわないスピードの波動のものは
自然と離れてしまい

強制的ではあるけれど結果
ゆっくり、のんびりと
淡々とした
手術を待つだけの病室の
翠君と二人だけで向かい合う時間の
毎日の中

昏々と眠る翠君をじーっと見つめていたときに
ふいに幸福感は湧いてきたのです

よく考えると
成長も発達もすべてが健常の子の
二倍遅いといわれる
ダウン症で生まれてきてくれて

それでも
私は、相変わらず以前と同じスピードで
人生を走り抜けようと
翠君の障がいも病気もなんのその
仕事も育児もばりばり頑張るぞぉおと
強く熱く燃えていたので

きっと
こうして、ゆっくり
翠君とじっくりと向き合う時間は
今回のように強制入院とならなかったら
走り続ける私の事だから
無かったかもしれません

そうして
自分が今、波動を落ち着けて
ゆったりのんびりした
たくさんの愛情に包まれる中にいて
はじめて、
すべてが二倍遅いといわれる
ダウン症の翠君と
無理なく一緒に歩む事ができる
ペースにならせて頂いたのかと思うのです

きっと
今回のこともすべて
何か目に見えないおおいなる存在のもの
(それを私はかみさまとよんでいます)
が自然に導いてくれて
今後の人生を、嬉しく楽しく過ごす事ができるよう
今のこの、幸せな日々を下さったのだと思うのです

確かに
窮屈な事も多いのですが
考えてみると
家事も仕事もせず
翠君のお世話もせず
ただただ毎日
翠君を眺めるだけ、愛を持って見守るだけの日々
こんな贅沢な事はありません

更に
私の周りには
こんなに沢山の暖かい人がいて下さったのかと
気づかせてくれて
更に
そのたくさんの人の愛情を
惜しげも無く頂くだけの
この毎日

なんて幸せな事!!

翠君と私は本当に幸せものだと思うのです
10/21
実は、今朝、手術下さる外科の大先生の回診で、翠くんが、炎症の値が悪く、再カンファにかけられる予定で明後日の手術が危ぶまれていたのです


でも、今日、副作用による発作の、二度目の呼吸停止を、先生の目の前で起こした事により


先生が

僕の心臓のほうが持たないから、絶対手術してもらおう


とおっしゃいました

また、手術の日まで更に点滴も二本に、注入のお薬も量が増えましたが、先生は、私がお薬嫌いなこと、ご存知下さるのでわざわざ、ごめんねお母さん、ますますお薬増えちゃってと、、、

先生のお心感じて、ありがたい思いで涙が出ました


とにもかくにも


現在翠くんはなんとか無事です


今夜は目を離さないよう、看護師さんがついて下さるそうです


手術まであと一日半です。

10/22
たった今、主治医の先生から、手術のリスクについてのお話が終わりました


翠くんの場合、心不全と、酸素不足による脳障害が非常に起こりやすい状態のようです


でもここまで来たらもう、良いことしか考えないようにしようと、大ちゃんと話し合いました

(と、いいつつ、私は蕁麻疹が全身に、久しぶりにでてます、、、弱い、、弱すぎる)



明日は九時から、手術です


良くなること、楽しみにしています


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さちこより

どうぞ・・・みなさんのお力お貸しください。
よろしくお願い致します。
小さな小さな体で・・・乗り越えられるように・・・・。

by u-on358 | 2009-10-23 09:50 | マイライフ | Comments(0)