人気ブログランキング |

翠君とママ

深い深い絆で結ばれているってことを気付かせてくれました。

8/10に生まれ・・・ダウン症・心臓疾患で病気に負けずいのちの光を維持し続ける

そんな中10月に入院10/24手術11/20何とか退院・・・退院後も部屋の中で過ごし

不自由しつつも幸せな時間の親子。


今週・・・ふたたび入院・・2.3日の予定で・・。

そして、退院してきた裏には・・いろんな葛藤が。


ママの日記より



先生も、本当の本当に駄目なときは
命が危ないときは
私の思いや希望が間違っているときは
頑として反対をして下さいます
本当に、本当に翠くんの事を考えてくださっている事が
伝わってくるお優しい、先生なんです

誰一人、翠くんの事を悪くしようなんて
思っている人は
翠くんの周りには一人もいません

命があればいい

でも
命だけがあればいいわけではないのです

勿論、翠くんの手術が成功する事
治療が成功に終わる事を心の底から望んでいます

でも

この世の中に絶対、という事はないと思います

もしも
もし、最悪の事態が訪れたとしても
私は
そのときにも悔いは残したくないと思います

もし
ずっと病院の中だけで生活するだけだったら
きっと
もっとお外の世界も
お家にもつれて帰りたかった
って
私は後悔すると思ったのです

退院も入院も
治療も
納得して、そのかわり、自分で決めた事ならば
誰にも文句は言いたくないと
もし
それが我を張ると言われる事ならば
それはそれでしょうがないと
私は思うのです


夏目漱石の言葉を最近よく思い出します

智に働けば角が立つ
情に棹されば流される
意地を通せば窮屈だ

私はこの言葉の最後に
窮屈だけど幸せだ
と続けたいと思います

毎日を精一杯、翠くんと向かい合い
大切に一所懸命、生きたいです




さちこのつれづれ

・・・・わたしの心は震えました。

のぞのぞの友人が・・「もし、退院翠君がしたくなかったら・・・あの子なら・・・ぐーーんと病状悪くしてママを止めてくれる)って言いました。

わたしも・・「そうねぇ」と・・・腑に落ちました。

でも、普通なら腑に落ちないと思います。

みどり君と望ママだからそう思えたのです。

そう思えるくらい純粋にひたむきに生きているんです。

きっと・・全てが二人を応援したいと思う・・・と、私は、涙いっぱいに・・・思います。

by u-on358 | 2010-01-19 22:16 | マイライフ | Comments(0)