人気ブログランキング |

音読み

ピアノのレッスンに欠かせない・・・譜読み。

譜読みが・・・ただのへんてこな音読みになってしまったら・・・音楽の楽しさをしらないまま弾いてしまう。

ト音記号に五線・・へ音記号に五線・・・5本線があるってことは4つの間がある。それぞれに音の名前がついてる。

線・間と隣り合う音は、そんな仕組みで進む。

音の名前は7つ・・・・言い方はいろいろ・・・・らしどれみふぁそら・・ABCDEFG・・いろはにほへと・・などなど・・・これにシャープさんフラットさんがついて・・・白や黒に。

白い鍵盤はバニラ・・・黒はチョコレート。色んな音にチョコ味が・・・そう、フラットやシャープがミックスしてね。


・・・鍵盤・・大譜表・・・・どっちにもついてる音の名前・・・。それらは、どんぐりさんだったり、シカさんだったり、ライオンさんだったり・・・その子たちの居場所をはっきりしてあげたい。
けっして、あいまいに相手を確認せず表現してしまってはいけない。
ちゃんと、向き合って、そして、確認したら・・心込めて・気持ちよく弾いて・・その音と出会う。

そうしたい・・・その悦びをレッスンで・・・そして、さらにいたるところで分かち合いたい。

ブスっと、何かで突き刺してしまうような弾き方をしたくない。
棘がささったら、抜いてあげるように・・・思いやりもって・・・。鍵盤に置いといて引っぱるといいよ。

線間の音のお名前知って、その姿を7オクダーブの動物さんの住かで覚えて・・どどどどどどちゃんのお顔でどの位置覚えて・・・リズムの家でりんごの分けっこ・・・1234と番号つけてリズムカルに並んで・・うきうき・・・。
ね・・・、大事なものだから・・・しっかり・・出会ってね。
・・・・・・・・頼みましたよーーー。・・・・今度会う日まで。
ばっちり*^o^*

by u-on358 | 2007-04-17 23:08 | マイライフ | Comments(0)